エフコープ

Pickup!

東伯牛小間切れバラ凍結(鳥取県産)

エフコープを代表する産直品の一つ『東伯牛』。“安心できる、おいしいお肉を届けたい!”その一心で、生産から加工まで、各工程を担う団体「鳥取畜産絆の会」のみなさんが連携し、組合員のもとに届けています。
 牛はとってもデリケート。そのため、朝夕決まった時間に給餌したり、定期的に寝床のオガ粉を入れ替えたりするなど、牛に余計なストレスを与えないように生産者が手間と愛情をかけて育てています。そうして大切に育てられた「東伯牛」は、長年のファンも多く、赤身の旨みと甘みのある脂が特長です。
 まずは、手ごろで使いやすい小間切れで、そのおいしさを味わってみてください。
 

living with FCO・OPエフコープのあるくらし

重たいものだけじゃなく、アイスも配達してもらえる(笑)

夫と子ども2人の4人家族でエフコープを利用しています。子どもが小さく手がかかる頃に母に勧められ8年ほど前に加入しました。お米やお水とか重たいものを配達してもらえるし、夏場は近所のスーパーだと家に着くまでにアイスも溶けてしまうけど、保冷で持ってきてくれるので助かってます。

「あっぷるタイムス」をよく見ています。

カタログの中で気に入っているのは、「あっぷるタイムス」です。紙質が好きなのと、いろいろなお得情報が掲載されているのがいいですね。

わたしのお気に入り!

私のお気に入りは冷凍ちゃんぽん。一日に必要な野菜の1/3が入っていて栄養バランスがいいなって。麺と具材は一緒になっていてスープをお湯で溶いて混ぜれば完成。野菜が苦手な子どももこのちゃんぽんだと完食します。

FCO・OP itemsみんなの思いや願いから
エフコープの商品は生まれます

組合員の願いをかたちに

子どもたちに少しでも安全なものを食べさせたい。
もっと便利な商品、おいしい商品がほしい。
そんな組合員の願いが少しずつかたちになり、エフコープの商品は生まれてきました。

組合員と取引先が一緒になってオリジナル商品を開発する「商品づくり」や、組合員から届いた声に応える商品改善のとりくみを通して、エフコープは組合員のみなさんの願いを形にします。

生産者の思いをたいせつに

もっと安心して商品を利用してもらいたい。
日々の作業や手順を見直し、改善を重ね、安全安心な商品をみなさんに提供し続けるために。

エフコープでは定期的に産地の点検、検査を行い、産地との協議会や情報交換会の開催、産直委員会の運営を行っています。安全・安心な商品を届けられるように生産者と一緒に考え、とりくんでいます。

生協がつなぎます

オンラインでの産地交流会の様子

組合員と生産者、それぞれの願いや思いを、お互いに理解しあうことが何よりもたいせつです。
利用者と生産者が顔を合わせて交流し、信頼関係を作る。産直交流会や収穫体験などの開催を通して、生協がそのお手伝いをできればと考えています。

知ればきっと好きになる

人気の商品やその使い方、子育てサポート制度、さまざまな商品や取り組みなど、生協のことをご紹介しています。
まずは、いろいろなことを知ってみませんか?
そしてもしよかったら、あなたの思いや声を、伝えてみませんか?

ライブも配信しています

さまざまなイベントへの参加応募ができます

safetyわたしたちの安心のかたち

組合員はもちろん、生産者、そして社会に喜ばれる商品であることを大切に、人に、くらしに、やさしい商品をお届けします。