エフコープ

イベント・活動

大里区域委員会

明るく楽しく元気に活動

区域委員会が活動しているのは、門司と門司港エリアです。お店はエフコープ大里店で、支所はエフコープ新門司支所です。

エフコープ大里店は37年続いており、組合員にとって身近で親しみのあるお店となっています。地域には高齢者が多いですが、元気で温かい雰囲気の町です。

新型コロナウイルス感染症が広まる中、支所からの配達にみなさん大助かりです。

これからも地域のみなさんの笑顔とともに活動していきます。


12月 オンラインミーティング学習会(大里東市民センター)

コロナ禍、「安全にコミュニケーションをとりたい。Zoomが使えるといいな!」との要望から企画開催しました。この時、組合員活動の拠点「にじいろ」から春日さんを講師とてお迎えしました。参加者から「Zoomは難しいと思っていましたが、覚えていくと楽しく感じました。素朴な疑問にも答えてもらい、理解できました。友だちとLINEトークをはじめたい!」との感想をいただいています。また企画したいと考えています。


10月~2月 大里区域委員会アンケート(エフコープ大里店)

これまでのような組合員活動が難しくなり、区域委員会ニュースで組合員と繋がろうと、広く紙面から問い掛けを行う大里区域委員会アンケートを実施しました。区域モニターなど特定の方に回答を求めるわけではなく、反応があるのか不安でしたが、第1回、2回と82人の参加がありました。質問はコロナ禍でのくらしの変化などで、返していただいた内容もニュースに載せて共有しました。このことで多くの組合員が区域委員会ニュースを読んで下さっていることも分かり、活動にもやりがいが出てきました。


1月(中止) SDGsをもっと知ろう!(エフコープ大里店店頭)

緊急事態宣言で企画が中止になりました。その一つがコープも行動宣言しているSDGsのとりくみです。SDGsを達成するための手段の一つ、エシカル消費を組合員にもっと日常の行動としてもらいたいと思っています。分かりやすいパネルを作成、同時にリサイクル品回収とコアノンロール交換会を行うことにしていました。緊急事態宣言の解除後、エフコープ大里店店頭で開催します。SDGs企画は継続して取り組んでいきたいと思っています。