エフコープ

エフコープについて


1970年代

1972年~1979年


1972年10月
北九州市民生協設立
1974年5月
むなかた生協設立
1975年4月
福岡市民生協設立
1976年9月
筑豊市民(旧田川市民)生協設立
1977年4月
久留米市民生協設立
1979年7月
北九州市に第1号店・黒原店オープン
北九州市民生協の配達風景。
生協商品の良さを地域のみなさんにお知らせする展示説明会の様子(むなかた生協)。
 

1980年代

1980年


1980年11月 
注文書のOCRシステムスタート

 

1981年


1981年7月  北九州市に第2号店・沼店オープン

 

1982年


4月
5生協業務統合
9月
北九州市に第3号店・京良城店オープン
11月
5生協組織合同

1982年11月1日に行われた合同総会
 
 

 


1990年代

1990年


2月
「はよやめんね! 消費税」福岡集会
消費税廃止を求める意見広告を新聞各紙に掲載
4月
平和展でのパネル展示や募金活動に対してユニセフより感謝状を授受
6月
独自共済「アップル共済」の開始
10月
新しい食生活を提案する店舗として、百貨店内に「メンバーズ・ポム」(北九州市八幡西区)をオープン
茶山店(福岡市城南区)オープン

消費税廃止を呼びかけるデモ行進「はよやめんね!2・2福岡集会」。当日は県内各ブロックより約500人の組合員が参加した

アップル共済のキャラクターとして誕生した「アップルちゃん」

 


2000年代

2000年


4月
介護サービス事業を開始
5月
店舗で「消費税実感の日」を「消費税反対の日」に改称
7月
カタログ『えふ』回収リサイクル開始
糸島支所(糸島郡志摩町・現糸島市)開設
8月
個人別集品「らくらく仕分け」開始
9月
食品衛生法の改正と充実強化を求める請願署名の実施/約29万筆を集める
10月
「ファミリー・フレンドリー企業」として福岡労働局長賞を受賞
黒原店移転オープン
早良支所(福岡市早良区)開設
11月
エフコープ「虹の会」設立
若松支所(遠賀郡芦屋町)移転開設
12月
被爆体験証言集の継続と英訳本の発行で平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞

平和・協同ジャーナリスト基金賞の授賞式

 


2010年代

2010年


2月
カタログセットセンター、冷凍セットセンター(佐賀県鳥栖市)稼働
3月
冷蔵セットセンター(糟屋郡篠栗町)稼働
4月
新宮店(福岡市東区)オープン
組合員農園本格スタート
5月
「NPT(核拡散防止条約)再検討会議」に伴い、代表を派遣
6月
「福岡県循環型社会形成推進功労者知事表彰」を受賞
農産加工センター、中温度(農産)セットセンター(糟屋郡篠栗町)稼働
口蹄疫被害を受けた尾鈴豚友会へ応援募金とメッセージ募集を実施/1,318万2,257円を寄付
11月
デイサービス「りんご庵下上津役」(北九州市八幡西区)を開設

ニューヨークで開かれた「NPT再検討会議」

地域と協同で進めてきたレジ袋削減のとりくみが評価され、「福岡県循環型社会形成推進功労者知事表彰」を受賞

農産加工センターと中温度セットセンターが稼働し、野菜や果物を最適な温度で届ける仕組みが完成