エフコープ

イベント・活動

つながる、学びあう

組合員みんなが安心して暮らせる社会へ…。消費者問題や子育て、福祉などの企画や学習活動などを進めています。


くらし見直しに関する主な活動

税と社会保障制度のあり方を考える学習会

わたしたちは今後、くらしを守るため、社会保障制度についても知っておく必要があります。税と社会保障制度がどうなっているのか、どうあるべきか、ファイナンシャルプランナーなどを講師に、さまざまなテーマで学ぶ機会をつくっています。

くらし見直し委員会(家計簿活動)

家計簿をつけることで、「家計の中のムリ・ムダ」を見つけて、家計の見直しをしましょう。くらし見直し委員会は、「家計簿のつけ方教室」などの勉強会やくらしの情報交換を家計簿サークル活動などを行っています。

くらし見直し委員会(家計簿活動)について詳しくはこちら

くらし見直し委員会(LPA活動)

くらし見直し委員会(LPA)活動は、「くらしの安全と安心」を守るため、組合員どうしが学び合う活動。日々の暮らしやライフプランなどに関する学習・相談会を開催し、組合員の充実したライフプランづくりのお手伝いをしています。

くらし見直し委員会(LPA活動)について詳しくはこちら

消費者力向上

消費者トラブルが増加傾向になるなか、消費生活について正しい知識を持ち、消費者の権利、責任を自覚し、正しく権利を行使するための情報提供や学習会などを行っています。


子育てに関する主な活動

子育て仲間と楽しい時間「子育てひろば」

初めての子育てには不安や悩みはつきもの。子育て仲間と語り合い、楽しい時間を過ごせる「子育てひろば」を県内6ヶ所で開設しています。特に決まったプログラムなどはなく、初めての方でもお気軽にご利用いただけます。

「子育てひろば」について詳しくはこちら

子どもも楽しみながら学ぼう「出前講座」

子どもたちに、「気象予報士のお天気教室」や「エコキャンドルづくり」、「牛乳パック工作」などの出前講座を開催しています。参加した子どもたちも興味津々で、楽しく学ぶ機会となっています。

商品検査センターで「夏休み親子で楽しむ実験教室」

取扱商品の安全性をチェックしている商品検査センター「りんご館」では、毎年夏休みに「夏休み親子で楽しむ実験教室」を開催しています。菌の検査や残留放射能の検査など、食育にもつながり、また夏休みの自由研究の参考にもなっています。

新しい地域で新しいつながりを「ウェルカムパーティー」

転勤や引っ越しなどで、見知らぬ土地で心細い思いをしている子育て中の方に、子育て仲間をつくるお手伝い、「ウェルカムパーティー」を県内各地で開催しています。親子遊びや子育てに関する情報交換、講演など、内容もさまざま。新しいつながりをつくる場となっています。

子ども連れでのイベント参加もできる「託児サポーター制度」

小さいお子さんがいる方にも、「託児サポーター制度」で安心してイベントにご参加いただけます。託児を行うのは専門家の研修を受けた組合員で構成される「託児サポーター」。学習会など参加したいけど…。お困りのときはぜひ、ご利用ください。

くらしと子育てについて学びましょう

エフコープでは毎年、子育てに関する勉強会を開催しています。2019年度は、専門家をお招きし「今を生きる子どもたちへ 子育て中のママ、パパに伝えたい…」と題した、涙あり、笑いありの、とても有意義な講演となりました。

機関誌「ふれあい」での連載企画「子育てポケット」

毎月発行の機関誌「ふれあい」に、子育てに役立つポイントを紹介するコーナー「子育てポケット」を掲載しています。

「子育てポケット」の記事はこちら


福祉に関する主な活動

「たすけ愛募金」で地域の福祉活動を支援

毎年、地域福祉のために「たすけ愛募金」を行っています。寄せられた募金は、「ふくし助成金」や「福祉活動援助金」として、福岡県内で福祉活動を行っている団体に助成を行っています。

2019年度の募金金額…98万4,666円

ふくし助成金

福岡県内で福祉活動に関わっている民間団体を援助し、自主的で継続的な活動を支援・育成しています。

2019年度の助成内容・・・1団体に合計60万4,000円を助成

福祉活動援助金

エフコープ組合員が参加し、福祉活動や子育て支援を行っている一般のグループの活動を支援しています。

2019年度の援助内容・・・10団体に計28万5,000円を援助


福祉をより身近に感じていただくイベント「みんなでふくし」

福祉をより身近に感じていただくことを目的に、県内の福祉団体と共催で福祉イベント「みんなでふくし」を開催しています。