エフコープ

商品について

お手頃価格も嬉しい、
シャキシャキで
みずみずしい人気野菜

小松菜(福岡・佐賀県産)

くせがなく、どんな料理にも使いやすい小松菜は、毎日の食卓で大活躍する葉もの野菜。だからこそ、エフコープの産直『小松菜』を作るアマノ園芸は、安心してたくさんの人に食べてもらえるよう農薬も価格も抑えて出荷しています。調理しやすく、おいしく、家計にやさしい。そんな『小松菜』の魅力をご紹介します。

取扱い

配達

取扱いあり

お店

取扱いあり

※一部店舗で取り扱いがない場合がございます。

更新情報 2022年11月07日

小松菜の人気の理由

  1. 季節や天候を問わず
    いつもこの価格

    長雨や台風の後などは価格が高騰しがちな農産品ですが、エフコープの産直『小松菜』は年中同じ価格。「組合員さんがいつでも利用しやすいように」という生産者の想いと努力の結晶です。
     
  2. アク抜きいらずで調理がカンタン
    アクが少ないので下ゆでなしで使える手軽さも、人気の理由。味にもクセがないので、どんな食材とも相性が良く、和食・洋食・中華と幅広い料理に使えます。生でも煮ても炒めてもOKという、使い勝手の良さも魅力です。
     
  3. 栄養たっぷりの緑黄色野菜
    鉄分、β-カロテン、ビタミンC、カルシウムをたっぷり含む小松菜は、ほうれん草と肩を並べるほど栄養価の高い緑黄色野菜。家族の健康のために、毎日の食事に取り入れたい葉物野菜です。

アマノ園芸こだわりの小松菜アレコレ

小松菜の旬は冬!?

小松菜の旬は、12月から2月頃まで。夏に比べて冬の方が育成に時間を要しますが、その分ゆっくり育つのでやわらかく、甘みが増します。

創業から続く、農薬を減らす努力

虫は早めに対処したり、牛糞を入れて土づくりに力を入れたり、水やりの管理を工夫するなど、創業当初から農薬を抑えた栽培にこだわり、努力を惜しみません。

アットホームなチームで栽培

創業者の故・天野敏喜(あまのとしき)さんの想いを受け継いで、現在次女の安田江津子(やすだえつこ)さんが引き継いでいます。江津子さんと夫の信昭(のぶあき)さん、姉の藤瀬枝美(ふじせえみ)さんが中心となり、多くのスタッフや、契約農家と一緒に栽培に取り組んでいます。みんなが家族のような温かい雰囲気です。

組合員との交流も

アマノ園芸では、野菜の収穫体験や食事会など、組合員との交流を大切にしてきました。直接顔を合わせることが難しくなった今も、オンラインを活用して交流を絶やさないようにしています。


収穫から出荷までを紹介

[1]佐賀唐津市と福岡県糸島市に畑があり、唐津のビニールハウスだけでも10カ所・130棟にのぼります。
[2]鎌で手早く収穫を行います。多いときは1日でハウス3棟分の収穫を行うことも。出荷するコンテナ数は平均で1日約130個にもなります。
[3]収穫後、加工場で泥を落とし、根元を切って揃えます。
[4]虫食いや傷んだ葉、虫や異物も人の目でしっかり検品して取り除きます。

生産者からのメッセージ

『おいしいから』と注文してくださる組合員さんの信頼に応え、品質を保って絶やさず出荷することが私たちの使命なのかな、と。次の世代にも畑をつなぎ、安全な食の供給に貢献していくために、これからもスタッフみんなで力を合わせます!

(生産者の安田さんご夫婦)

\組合員さんの声/

  • 毎回頼みます。張りがあって新鮮でとても好きです。日持ちもして、お値段以上の品だと思います。
  • 生協の小松菜は、日持ちするし、土が付いていなくてとてもきれいです。小松菜は、生協でしか購入しません。

生産者 安田さんおすすめの食べ方

子どもも喜ぶ! カンタン副菜

小松菜をザク切りにしサッと茹でる。ツナを油ごと入れ、塩昆布とあえればできあがり。ノンオイルツナ缶の場合は、ごま油をプラスしてもおいしいですよ!


Recipeおすすめレシピ

「万能野菜あん」


「小松菜とごまの混ぜごはん」

Let’s find!みつけよう、みんなのいいもの
わたしのいいもの。