食の話

家庭で作った麦茶の賞味期限ってどれぐらい?

2018年05月21日

冷たい麦茶がおいしく感じられる季節になってきました。家庭でも、麦茶を作る機会が増えてきたのではないでしょうか。でも、家庭で作った麦茶の賞味期限って、一体どれくらいなのでしょう? 今回、いくつかの条件のもと、麦茶の細菌検査をしてみました。

次の方法で検査しました

●煮出し用麦茶A
煮出してやかんごと水を張った桶などに入れ、急速に粗熱を取った後、熱湯消毒した容器に移し替えて冷蔵庫で保存。

●煮出し用麦茶B
煮出してやかんのまま放置し、常温で粗熱を取った後、熱湯消毒した容器に移し替えて冷蔵庫で保存。

●水出し用麦茶
市販のペットボトル入りミネラルウォーターに、水出し用麦茶のパックを直接入れて冷蔵庫で保存。

検査結果は以下の通りです

●煮出し用麦茶A
実験期間中、細菌はほとんど検出されませんでした。煮出したことで細菌の大半が死滅し、その後、急速に粗熱を取ったため、細菌が増殖する時間がなかったからだと考えられます。

●煮出し用麦茶B
3日目から急激に細菌が増殖し始め、6日目には安全に飲める基準値の10万を超えました。作り方はAと同じですが、常温で長時間放置した間に、細菌が増殖した可能性があります。

●水出し用麦茶
4日目から細菌が増殖し始めました。細菌がいないペットボトル入りの水を使用しましたが、麦茶のパックを入れる時に細菌が混入したと考えられます。9日目には、細菌数が安全に飲める基準値の10万を超えました。

どの麦茶も5日目までは基準値を超えるほど細菌は増えず

保存状態が良かったため、どの麦茶も5日目まで基準値を超えるほど、細菌は増えませんでした。細菌検査と合わせて、実際に飲んで味を確かめる官能検査を行ったところ、6日目から渋みを感じ始め、8日目には飲むことに限界を感じました。

 ★検査の結果★
麦茶を作って5日目までは細菌数、味ともに問題なく飲めるといえます。しかし、さらに安全性を高めるため、賞味期限は、作ってから冷蔵保存で4日目までと考えると良いでしょう。

家庭で麦茶を作る際のポイントは?

●麦茶の容器は密封できる耐熱性のものを選び、事前に熱湯消毒しておきましょう。

●煮出し用麦茶は、煮出した後、水を張った桶にやかんごと浸け、できるだけ早く粗熱を取りましょう。 ※水と一緒に保冷剤や氷を入れておくと冷めやすくなります。

●保存は冷蔵庫で。容器に直接口をつけて飲むと、細菌が混入する可能性があります。必ずコップに移して飲みましょう。

商品検査センターに見学に来ませんか?

商品検査センターでは施設の見学を受け入れています。エフコープ組合員でない方も、どなたでも見学できます。簡易実験も体験することができますので、「りんご館」に来て、楽しく学びませんか?
※見学には予約が必要です。簡易実験についても、予約の際にお申し出ください。


◎商品検査センターについて、詳しくはこちらから。


 

エフコープ商品検査センター「りんご館」

エフコープ商品検査センター「りんご館」では、生産者や取引先、エフコープで確認した商品基準や商品仕様書などの約束ごとが守られているか検査を通じて検証しています。安心して利用できる商品をお届けするために、さまざまな角度から検査を行っています。

カテゴリー

ページトップへ