レシピ

【今日のレシピ】基本のおかゆ&七草がゆ

2020年01月07日

日本では、1月7日に「七草がゆ」を食べる風習があります。その年の無病息災を願って食べる七草がゆ。年末年始で疲れた体と胃腸をいたわる料理としても知られています。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。春の七草を使ったやさしいおかゆで、体をリセットさせましょう!

【材料】
[ご飯から作るおかゆの場合]
・ご飯…100g
・水…100ml
・七草セット…適量

[お米から作るおかゆの場合]
・米…100g
・水…500ml
・七草セット…適量

【作り方】
[ご飯から作るおかゆの場合]
1. ご飯から(全がゆ)をつくる。鍋に水を入れ沸騰させる。ご飯を入れ、再沸騰したら中火で15~20分炊く。
2. 塩を加えた熱湯で七草セットをさっと茹で、水に取ってアクを抜き、水気をしぼって細かく刻んで(1)に加える。
※「ご飯:水」の割合はお好みでどうぞ

[お米から作るおかゆの場合]
1. 米から(全がゆ)をつくる。米は炊く30分以上前に洗い、水にしばらくつける。
2. 米を水から上げて水と合わせ、土鍋に入れふたをして火にかける。沸騰してきたら、とろ火にして約1時間炊く。
3. 七草セットは塩を加えた熱湯でさっと茹で、水に取ってアクを抜き、水気をしぼって細かく刻んで(2)に加える。
※「お米:水」の割合はお好みでどうぞ

カテゴリー

ページトップへ