レシピ

【今日のレシピ】小松菜のおでん

2019年11月19日

今日のレシピは「小松菜のおでん」です。冬は、小松菜が甘みを増して一層おいしくなる季節。そんな小松菜の味を楽しむなら、昆布と鶏肉の旨みでコトコト煮込んだおでんがおすすめです! おでんのたねはお好みで。だしと一緒に、小松菜のシャキッとした歯ごたえを堪能してください♪

【材料】2人分
・小松菜…1束
・鶏手羽中…8本
・じゃがいも(小)…2個
・ミニとまと…4個
・ゆで卵…2個
・結びこんにゃく…2個
・がんもどき…2個
・ちくわ…1本

〈調味料A〉
 ・昆布だしの素…8g
 ・水…1000cc
 ・酒…大さじ1
 ・砂糖…小さじ2
 ・塩…小さじ2
 ・薄口しょうゆ…大さじ2

【作り方】
1. 鶏手羽中、がんもどき、結びこんにゃくは、ザルに入れて熱湯をかけ、余分な油やくさみを取り除く。じゃがいもは、水洗いして皮をむかずにラップに包んで電子レンジで約2分加熱し、熱いうちに皮をむく。ミニとまとは湯むきする。小松菜は5cmの長さに、ちくわは半分に切っておく。
2. 鍋に〈調味料A〉を入れて煮立たせる。小松菜とミニとまと以外の具材を入れ、火を弱めて約20分煮込む。最後に小松菜、ミニとまとを加え、ひと煮立ちさせる。

カテゴリー

ページトップへ