くらし

寒い日は、おうちで映画を楽しもう! 感動した!泣いた!編

2019年01月11日

長い長い冬の夜は、子どもたちが寝た後に、ゆっくり映画を楽しみませんか? 今回は、エフコープの組合員のみなさんに伺った「感動した!」「泣いた!」という映画をご紹介します。もちろん、子どもも楽しめる作品もありますので、家族でゆっくり映画鑑賞もいいですね。

はなちゃんのみそ汁

2015年・日本 (118分)

オススメコメント
●がんで余命わずかな母親が、幼い娘にみそ汁作りを通して、愛情と生きる力を伝える映画。病と向き合う家族が、それぞれの生き方や家族のあり方を見つめながら成長していくさまを描いています。涙せずにはいられない、とても良い作品でした。

★この映画は、福岡県に住む家族の実話を映画化したものです。『はなちゃんのみそ汁』の、はなちゃんのお父さんである安武信吾(やすたけしんご)さんに、はなちゃんとのその後のくらしについてインタビューした記事はこちら。

ショーシャンクの空に

1995年・アメリカ(143分)

オススメコメント
●無実の罪で投獄された男性が、獄中でさまざまな嫌がらせや苦痛を受けながらも、良い人々にも出会い、いつか脱出を試みて…という話。絶望の中、決してあきらめない生き方に感動です。

ベイマックス

2014年・アメリカ(102分)

オススメコメント
●次男と観ましたが、予想外に感動し、とても良かったです。 大人も子どもも楽しめていろいろなことを考えさせられる映画でした。

杉原千畝 スギハラチウネ

2015年・日本(139分)

●わたしたちの知らない時代の話なのですが、その時代の政治的背景の中で、彼の時代を見る目もすごいと思ったし、彼の行動が素晴らしいと感激しました。

プラトーン

1987年・アメリカ(120分)

オススメコメント
●大学時代、4年間で400本以上を映画館に観に行ったわたし。30年以上前この映画にすごく衝撃を受けて、何度も観に行って泣きました。絶対に観るべき映画です。

気になる映画はありましたか? おうちで感動体験、してくださいね!

編集・文:神代裕子 イラスト:ムツロマサコ


◎エフコープの組合員なら本・CD・DVDが5%オフになる「FCO・OP BOOK&CD・DVD SHOP」はこちら


 

カテゴリー

ページトップへ