くらし

もう、撮った写真をほったらかしにしない!簡単写真アレンジ術 第1話

2018年04月02日

スマートフォンやデジカメで撮影した家族の写真、きちんと整理できていますか? 撮りっぱなしで“放置”している方も多いのではないでしょうか? 子どもたちのとびきりの表情やかわいらしい姿、家族の思い出が詰まった大切な記録。そんな写真を楽しくデコレーションする「アルバムカフェ」という場があることをご存じですか? 小倉南区にある子育てフリースペース「puchi puchi cafe」で、「アルバムカフェ」のワークショップを開催している岡村咲さんにお聞きしました。2回シリーズでお伝えします。

大切な写真を眠らせないで!かわいく、素敵に飾りたい

岡村さん:
「『アルバムカフェ』とは、写真を使ったアルバム作りの楽しさをお伝えして、思い出をかたちにする場所。好みのペーパーやシールなどを使って自由にデコレーションして、何気ない日常の1枚1枚をかけがえのない宝物にしていくものです。

スマートフォンやデジカメで撮ったお気に入りの写真を、そのまま眠らせておくなんてもったいない(笑)。ぜひ、フォトフレームやアルバムにしてみましょう!子どもと一緒に作るのも楽しいですよ。

特に、幼稚園や学校などの行事で写真を撮る機会が増えるシーズンは、せっかく撮った写真をそのままにせずに、ちょっと手を加えて自分の作品にしてみてください。

ちなみに、写真左は今回作ったもの、右は去年のハロウィンの時に撮影した写真をアレンジしたもの。お部屋に飾ったり、プレゼントしたりしても喜ばれると思います」

手作りフォトフレームにチャレンジ!

【用意するもの】
・飾りたいプリント写真
・B4サイズのカラーペーパー(色画用紙などの厚めのもの)※…1枚 
※同じ色でも違う色でもOK。B4サイズで、フォトフレームが2セットできます。
・好みの色や柄の折り紙や千代紙、シール、レースペーパーなど
・マスキングテープ、のり、ペン

この日、岡村さんが選んだ1枚は、去年の春にご自身が撮影した桜の写真。さっそく作っていただきましょう。

【作り方】
① まず、カラーペーパーをカッターで4等分にします。これがフォトフレームの土台になります。今回は、2色の紙を組み合わせるので、両方とも4等分にします。

② ①の土台1枚の上に貼る、アクセントとなる色や柄の折り紙(千代紙)を選びます。

③ アクセントとなる②の紙の配置を決めたら、はみ出た部分を切り取って、土台に貼りつけます。テープ状ののりを使えば、仕上りがきれいです。

④ 選んだ写真の裏側にのりを塗り、③に貼りつけます。

⑤ 写真のまわりにマスキングテープやシールを自由に貼ります。このとき、あらかじめ配置を決めてから貼ったほうが失敗しません。

⑥ 小さなメッセージカードなどに、ひとこと言葉を添えてもいいですね。

⑦ フォトフレームが完成したら、フレームの支えを作ります。①で切った紙(同色でもOK)を縦3等分し、鉛筆などで印をつけます。右3分の1のAの部分を折り、左は3分の1のさらに半分のBの部分を折り曲げます。

⑧ 折り曲げたBの部分にのりを塗ります。

⑨ 最初に作った土台の裏側・真ん中ぐらいの位置に貼りつけます。※貼りつける位置によって写真の角度が変わります。

⑩ フレームを立ててみて、好きな角度で固定するよう、下部にシールなどを貼ってストッパーにします。

⑪ 自立したら完成です。うまく固定できない時は、厚めのシールを貼ってください。

フレームでなく、フォトカードにして壁に飾っても

作り方⑦~⑪の「支え」を作らなくても、直接貼ったり吊るしたりしてもいいですね!

次回は、手軽に出来るアルバム作りをご紹介します。

編集:神代裕子 文:丸山砂和 撮影:平川雄一朗


◎岡村さんのワークショップが受けられる「puchi puchi cafe」について、詳しくはこちらから


 

教えてくださった方

岡村咲さん
富士フィルムイメージングシステムズ(株)の「アルバム大使」。小倉南区にあるエフコープ組合員活動の拠点「puchi puchi cafe」などで、「アルバムカフェ」を開催。以前から趣味でオリジナルのアルバム作りを手掛けており、3年ほど前から趣味で写真を始める。その後、「アルバム大使」を知る。1児の母。

カテゴリー

ページトップへ