くらし

指ヨガで、お手軽カラダケア 第2話:さまざまな部位へのアプローチ

2018年05月28日

手のツボをいろいろな動きで刺激することで、全身を使ったヨガと同様の効果が期待できると言われている人気のセルフケア・指ヨガ。第1話では基本の指ヨガをご紹介しました。今回も、エフコープくらしの学習サポーターで指ヨガインストラクターの安河内倫子さんに、多くの人が悩まされている肩こりの改善や、女性にうれしい美肌キープの効果などが期待できる指ヨガの方法を教えていただきます。
取材場所: A BETTER LIFE

★指ヨガの考え方や行う際のポイント・注意点はこちら
★指ヨガの基本はこちら

 

肩こりの改善が期待できる指ヨガ

1.  右手の親指と人差し指で、左手の人差し指と中指の付け根の間を、息を吐きながら10回揉みます。
2.  同様に、中指と薬指の付け根の間を、息を吐きながら10回揉みます。

3.  右手の親指と人差し指で、左手の人差し指の先を持ち、息を吐きながら指全体を左右に3回反らします。
4.  同様に、息を吐きながら薬指を3回反らします。

5. 右手の親指と人差し指で、左手の人差し指の先を持って、息を吐きながら指全体を左右に10回回します。
6. 同様に、薬指を左右に10回回します。

★1~6の動きを、右手にも同様に行うとさらに効果的です。

美肌のキープの効果が期待できる指ヨガ

1. リラックスした状態で両手の指を合わせて4〜6秒、息をしっかり吸います。
2. 指を反らすように両手を合わせ、6〜8秒息を吐きながら押し合います。

3. 両手を組み、息を吐きながら指の付け根をもみ合います。
4. 右手の人差し指、中指、薬指で、左手の甲の中指の先から手首に向けて、息を吐きながら往復10回こすります。

★4の動きを、右手にも同様に行うとさらに効果的です。

便秘や消化不良に効果が期待できる指ヨガ

1. 左の手のひらを図のように9ブロックに分けます。
2. 息を吐きながら、右手の親指で左の手のひらの1から9まで番号順に円を描くよう2回ずつ押していきます。硬いと感じる部分は回数を多めに押してください。

★2の動きを、右手にも同様に行うとさらに効果的です。

二の腕の引き締めに効果が期待できる指ヨガ

1.  右手の親指と人差し指で、左手の人差し指の先をつまみ、息を吐きながらその指を付け根から左右に3回ずつゆっくり動かします。その後、薬指も同様に動かします。
2.  右手の親指と人差し指で、左手の人差し指の付け根を10回ずつ、息を吐きながら揉みます。その後、薬指の付け根も同様に揉みます。

いつでもどこでもできるのが指ヨガのいいところ。ぜひ、動きを覚えて、セルフケアしてくださいね!

↓↓親子や夫婦で楽しくリラックス!ペアハンドヒーリングの動画も公開中!↓↓


◎エフコープでは、組合員1人を含む3人以上でくらしの学習サポーターによる学習会を開催できます。詳しくはこちらをご覧ください。


 

教えてくださった方

安河内倫子(やすこうちのりこ)さん
指ヨガインストラクター。偶然知った指ヨガによって、長男を出産後の体調不良が大幅に改善。以後、インストラクターの資格を取得。現在は北九州市を中心に講師として活動中。2児の母。

カテゴリー

ページトップへ