くらし

超カンタン! 授乳ストラップの作り方

2019年11月22日

授乳時に上着がずれ落ちて邪魔になった経験はありませんか?
両手もふさがっているし、人にも頼みづらい…。
そんなとき、「授乳ストラップ」があれば授乳のストレスから解消されること間違いなし! 自分で作れば、色もデザインもお好みのままです。
今回は、Tシャツを使って簡単にできる「授乳ストラップ」の作り方をご紹介します。
さっそくTシャツを準備してLet’s Start!

Tシャツからひもを作る

身ごろに2センチ間隔で線を引き裁断します。

裁断したら1カ所を切って細い布にします。縫い目が脇にあるTシャツの場合は、脇の縫い合わせ(硬い部分)を切り落としましょう。

布の端を持って両側に引っ張り、くるっと細いひも状にします。この要領でひもの束を3束作っていきます。色の組み合わせはお好みで♪

さっそく編んでいきましょう

3本を1つにまとめ、ひもの端を7センチ程度残し、ずれないように軽く結びます。
結び目の少し上にテープを貼り、テーブルに固定してから編み始めましょう。

ひもを左・中央・右に分け、外から内側に向けて順番に編んでいきます。
右端のひも(写真:黄色)を中央へ移動。

左端のひも(写真:オレンジ)を中央へ。

これを繰り返し、三つ編みの要領でどんどん編んでいきます。途中、長くなったらテープの位置をずらしながら編み進めてください。
首にかけ、両端がおへその位置に届く程度(約1メートル)になればOK。


ひもを継ぐ方法

途中でひもの長さが足りなくなったら、継ぐことができます。
ひもの端に5ミリ程度の穴を開け、片方の穴にもう片方のひもを通します。

通した方のひもの穴に、ひものもう片端を通し引き入れます。この時、強く引くと穴が裂ける場合があるので、ゆっくりと引き抜きましょう。

ひも端を1センチくらい重ね、小さく縫う方法もあります。

さあ、もうすぐ完成です!!

仕上げ

編み終わった6本のひもを可愛く始末しましょう!
最初に結んでおいた結び目をほどき、ずれないように6本のひもを束ね、縫い止めます。

ひもを1本選び、ぐるっと1周巻きつけ穴に通したら、緩まないように固く引っ張り、結び目を締めます。

ひもの端を結び目から6センチのところで切りそろえ、ボタンなどの装飾品を結び目の少し上辺りに縫い付けたら完成です!

実際に使ってみましょう

授乳時に使うときは、まず首にかけてから、シャツの下にストラップを通し、下からストラップを引き出してもう一度首にかけます。シャツが落ちてくる心配もなくなり、両手が使えるようになりますね!


使わないときはアクセサリーとして

ひもの色や装飾を変えれば違った印象に。落ち着いた色を選べば、ちょっとフォーマルな場面でも安心して使えます!Tシャツは編み物で作られているので伸縮性があります。ひもにして編むことで、授乳中の動作にも適度に伸び縮みしてくれます。
授乳の時間がより快適に、また、楽しくなると、気持ちだってHAPPYですよね!
着なくなったTシャツや、サイズが合わなくなったTシャツを使って、自分だけの授乳ストラップをぜひ作ってくださいね!

profile

今福智美(いまふくともみ)さん

高等学校 服飾科 非常勤講師 兼 フィットネスインストラクター。
高校・大学で服飾を学び、舞台衣装を手がけるなどファッション漬けの毎日を送る。が、心機一転、フィットネスインストラクターの資格を取得。高校で服飾を教える傍ら、フリーランスとしてフィットネスクラブで指導を行うなど、2足のわらじ生活を送っている。

カテゴリー

ページトップへ