子育て

新入学や新入園、新学期を迎える子どもたちに!布ワッペンを作ろう!

2019年02月13日

新入学や新入園を迎える子どもたちの持ち物や衣類などの目印に使える、簡単なハンドメイドグッズをご紹介しています。前回は、専用のキットを利用したネームタグの作り方を。そして今回は、好みのキャラクターなどを切り抜いた布ワッペンを、引き続きハンドメイド作家の岩崎真実(いわさきまみ)さんに教えていただきます。

★ネームタグの作り方はこちらから。

今回は、目印にぴったりの布ワッペンを作ります

岩崎さん:
「今回ご紹介するのは、子どもでもわかりやすい目印として、またワンポイントとして、通園用のバッグや衣類などに縫いつける布ワッペンです。
動物など好きな布の柄をキャラクターにして作ってみると楽しいし、子どもたちもきっと喜んでくれますよ!」

材料をそろえます

【用意するもの】
・好みの柄の布
・フェルト
・ミシン糸

作り方もとってもカンタン!

1. ワッペンに使いたい部分の布の柄を、周囲を残して大まかに切り取ります。
2.   (1)の布を好きな色のフェルトの上に置きます。

3. ミシンのジグザグ縫いで、布の輪郭をかがります(手縫いでもOK)。写真のように、あえて布の色と違う糸を使うとオシャレ!

周囲を数ミリ程度残してフェルトをカットすれば完成です。

市販の小物や洋服がオリジナルグッズに変身!

(写真下)好きな布に、平仮名のアイロンワッペンを貼り付ければ、名前も入れられます。

アップリケとして、バッグやTシャツなどに縫いつけたり、布用の接着剤で貼りつけたりすれば、オリジナルグッズのできあがりです!

前回のネームタグも今回の布ワッペンも、忙しい合間の時間を利用してカンタンに作ることができます。子どもたちの新たな一歩へのお祝いも兼ねて、ぜひハンドメイドを楽しんでみてください!

編集:神代裕子 文:丸山砂和 写真:平川雄一朗

教えてくださった方

岩崎真実(いわさきまみ)さん
ハンドメイド作家。北九州市在住。得意な裁縫を生かして子ども服のデザインや制作を手がけ、「puchi puchi 」名でイベントなどで販売。個性的でキュートなウェアには固定ファンが多数。2児の母。

カテゴリー

ページトップへ