エフコープと私

子どもたちもすっかりコープっ子!「エフコープの子育てサポート」

2019年02月08日

「エフコープの子育てサポート」は、0歳から中学校入学前までの子どもがいる家庭は、通常206円の配達手数料が51円になる割引サービス。小さな子どもを連れての買い物に苦労しているお母さんたちに、「これは便利」「すごく助かる」と喜ばれています。11歳・9歳・5歳と3人の息子さんがいらっしゃる村田紀和(むらたきわ)さんも、「エフコープの子育てサポート」を利用している一人です。

離乳食がきっかけでコープに加入し、お買い物がとても楽に!

村田さんがコープに加入したのは、長男が離乳食を食べ始めたころ。当時は沖縄に住んでいたそうですが、何がきっかけで加入し、どのように利用していたのでしょうか。

村田さん:
「ママ友から、離乳食はコープで取り扱っている『バランスキューブ』がいいよという話を聞いてコープに興味を持ったんです。その後、ママ友グループで試食会を開いたのをきっかけに加入しました。
特に2歳違いの長男と次男がじっとしていない時期は、子どもを連れて買い物に行くのがとても大変でしたから、配達してもらえるのはすごく助かりました」

村田さん:
「福岡に引っ越してきたのは、三男が1歳の時。コープの良さは沖縄で実感していたので、すぐにエフコープに加入したんです。
今は三男も幼稚園に行っているので、私1人で買い物に行く時間はあるのですが、自宅まで届けてくれる『エフコープの子育てサポート』の便利さにすっかり慣れてしまって(笑)、買い物はほとんどエフコープ。
配達手数料が51円と安いのも、無理なく続けられる理由です。車で買い物に行くとガソリン代も掛かりますし、この金額で配達してもらえるのは本当に助かっています」

基本調味料から加工食品まで、食品はほとんどコープ商品

配達してもらえる便利さはもちろんですが、何よりも「コープの商品そのものに魅力を感じている」という村田さん。そんな村田さんに、愛用の商品を教えていただきました。

村田さん:
「調味料はすべてコープのものを使っています。いろいろな料理の味の決め手になる『白だし』は絶対に外せないし、しょうゆ・みそ・みりんもおいしくて安いんですよ。子どもたちは『コープクオリティ』※のドレッシングが大好きで、これをかけると野菜をもりもり食べます。
最近、子どもたちの食べる量が増えて、食事の前後に『おなか空いた』と言ったりするので、そういうときにパッと出せる冷凍のうどんや焼きおにぎりも欠かせません。レトルト食品やインスタント食品も、コープのものだと罪悪感が少ないし(笑)、味もおいしいので、抵抗なく利用できますね」

※「おいしさ」の基準を明確にしたコープ商品。「おいしさの理由があきらか」「他の商品との違いが明確」「100人規模の組合員モニターの8割以上がおいしいと評価」という3つの基準を満たしています。

「ひと味違う!」と、家族みんながコープのファンに

離乳食からずっとコープの食品で育ったせいか、村田家の子どもたちは3人そろってコープファン。「味にはうるさい」と村田さんが苦笑いするほど、舌が肥えているそうです。

村田さん:
「たまに注文し忘れて、市販のスープやお魚ソーセージ、ドレッシングなどを買ったりすると『なんか違う。いつものは無いの?』ってダメ出しされます(笑)。
夫はコープの『おいしい8種のミックスナッツ』やアイスコーヒーが好きで、子どもたちと同じように『これが一番おいしい。市販のとはちょっと違う』と言っていますね」

雑貨は、実際に使った人のおすすめなら間違いなし

食品だけでなく、雑貨もカタログで注文するという村田さん。実際の商品を見なくても安心して買える理由は、どこにあるのでしょうか?

村田さん:
「つい欲しくなるのがキッチン雑貨なんですが、商品写真だけでなく、実際に使っている写真や詳しい情報が載っているので、使い勝手をイメージしやすいんです。組合員さんのおすすめコメントが載っていると、ますます『いいな!』と思ってしまいます。

特に重宝している雑貨は、『こどもハブラシ』。たくさん入っているのに安いですし、色も何種類か入っているので、子どもが3人いても使い分けられて便利ですよ。
大人用の歯ブラシは、友人からすすめられて購入しました。実際に使った人が『良かったよ!』と言ってたら間違いないですよね」

じっくりカタログを見ながらスマホで注文

村田さん:
「注文は、締め切り前の夜、子どもたちが寝た後などに、1人でゆっくりカタログを見ながらスマートフォンで注文することが多いですね。つい買いすぎてしまうので(笑)、予算オーバーしないように気を付けています。冷蔵庫アプリの『コープのれいちゃん』で購入履歴も見ることができるので、ひと月の生活費を管理するのにも便利です。

また、『コープのれいちゃん』を使えば、届いた食材の管理ができるんです。冷蔵庫に入っている食品が一目でわかるので、注文の重複や買い忘れがなくなりました。子どもは、食べ終わった食品の『ごちそうさま』ボタンを押すのが楽しいみたい」

買い物にも暮らしにも、エフコープの存在が欠かせない

村田さんは、エフコープで行われているさまざまなイベントや活動にも積極的に参加しています。

村田さん:
「農業体験など、興味があってもなかなか行くきっかけがないイベントが開催されているのでうれしいですね。生産者との交流会や農業体験に参加すると、商品への愛着がわきますし、食べものの大切さも学べて、親子ともども勉強になっています」

食卓の真ん中に、そして生活のあちこちにエフコープがある毎日。村田さんは「もうエフコープのない生活は考えられません」と、笑顔で話してくださいました。

編集:神代裕子 文:山川朋子 写真:川上信也

カテゴリー

ページトップへ