コラム

福岡市の隅っこで姉妹を育ててます!! Vol.5

2019年11月29日

Vol.5 近眼疑惑

小学二年生のテイ子。最近、テレビにやけに近づいて見ていたり、ものを書くときに度が過ぎて前かがみの姿勢になっていたりすることが多く、「もしかして近視なのでは?」と気になってきました。

私も強度近視なので、おそらく遺伝なのでしょう。本人にはどうしようもないことでやかましく言いたくはないと思いつつ、できるものなら進行は最小限にとどめたいと思う親ごころ。なので、目を近づけて作業をしている姿を見かけたときなど、声かけをするようにはしています。

そんなある日、一生懸命に女の子の絵を描いていたテイ子。あまりにも前かがみになり過ぎていたので、「目が近すぎるよ、もっと離して」と注意して様子を見ていたのですが…

一向に言うことを聞きません。「はーい」と返事はするのですが、姿勢はそのまま。“なんですぐ言った通りにせんのかな”と軽くイラつきつつ、重ねて声をかけてみても「ええ?そうかなあ?」と生返事をしながら、消しゴムを持って女の子の絵の修正に熱中していました。

目を近づけ過ぎてる自覚がないのかな??これはいけません…

そのうちふと、テイ子が描いていた女の子の顔を見てびっくり!目と目の間が離れ過ぎ。もはや人類ではなく、馬かトカゲのようです!

「お母ちんが“目が近いよ!もっと目を離しなさい”って何度も言うからこうしてみたと。こんくらいでどう?」ですって。“目が近い”を、絵へのアドバイスだと受け取っていたのだと気づいて、腹がよじれるほど笑ってしまいました。

説明するとテイ子も気づいて苦笑い。のち、「お母ちん、なんで、このくらいのことでそんなに怒ってるのかなと思ったよ」と語っていました。びっくりさせてごめんね。当然通じると思って使った言葉も、まだ経験の少ない子どもには理解できないこともあるんですね!言葉は正確に使うべし!ですね。

Profile

福岡市の隅っこで暮らす「おかあちん/私」と「おとうちん」、素直でまっすぐな長女「ぴーちゃん」、独特の世界観で世の中を突き進む次女「テイ子」、4人家族のささやかな日常。

小ネタサイト「ニッキーニックの何かひっとでとるよ」も運営。

カテゴリー

ページトップへ