エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 私たちの活動
  3. 平和・国際交流

平和・国際交流

被爆体験証言集『つたえてください あしたへ・・・・・・』の発刊や他団体とも協力した平和展などの開催を通じて、「平和」「命」の大切さを世界へ、次の世代へ伝えていくとりくみを進めています。

平和・国際交流活動報告一覧

平和・国際交流活動報告一覧をみる

被爆・終戦75年のとりくみ

福岡県原爆被害者団体協議会からのメッセージ

エフコープでは、これまで地域の被爆者団体に協力いただきながら、被爆の実相を次世代へ継承する活動に取り組んできました。

今回、被爆・終戦75年目にあたり、福岡県の被爆者団体の活動の中心を担っている福岡県原爆被害者団体協議会から、エフコープへメッセージをいただきましたのでご紹介します。

「被爆75年を振り返って」
福岡県原爆被害者団体協議会 会長 中村国利さん

「被爆75年の節目で、これからの被爆体験の継承活動を考える」
福岡県原爆被害者団体協議会 事務局長 南 嘉久さん

被爆体験証言朗読シナリオ

被爆の実相を次世代へ伝えていくとりくみの一つとして、さらに多くの人に語り継いでほしいという願いを込めて、被爆体験証言を朗読シナリオにしています。そして、そのシナリオを作成している「たんぽぽのわたげ」と、学生ボランティアとして聞き書き活動にも参加していただいた筑紫女学園大学にご協力いただき、学生たちにも朗読していただきました。

たんぽぽのわたげ&筑紫女学園2名によるシナリオ朗読

筑紫女学園大学の学生たちによるシナリオ朗読

ヒバクシャ国際署名

「ヒバクシャ国際署名」とは、「後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きている間に 何としても核兵器のない世界を実現したい」という思いから、平均年齢80歳を超えたヒロシマ・ナガサキの被爆者のみなさんが始められたものです。エフコープもこの運動の趣旨に賛同し、2017年から2020年3月まで核兵器廃絶を訴える「ヒバクシャ国際署名」に取り組みました。

エフコープの最終署名数

21,489筆

全体での署名数(2020年3月末現在)

11,843,549筆

平和への願いを込めた「ピースフラッグ」

2019年12月より、区域委員会とブロック活動委員会のみなさま、およびエフコープスタッフから、平和へのメッセージをたくさんお寄せいただきました。

その平和へのメッセージが詰まった「ピースフラッグ(横断幕)」が完成しました。たくさんのご協力、ありがとうございました。

この「ピースフラッグ」は、2020年4月から国連本部にて開催される予定だった「NPT再検討会議」での現地活動用として作成していたもの。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「NPT再検討会議」は延期となりました。生協代表団とともに現地で活動を行う予定だった日本原水爆被害者団体協議会は、大規模な代表派遣は困難とし、新型コロナウイルスの世界的な収束状況を鑑みて判断するとしています。このことを受け、生協代表団は、代表派遣は中止としました。

下記の画像をクリックするとPDFファイルが開き、平和へのメッセージを読むことができます。

世界の核弾頭データ(長崎大学核兵器廃絶研究センター)

現在、世界には13,410発もの核弾頭が存在しています。人間と核兵器が共存できないことは歴史をみれば明らかです。エフコープでは、NPT(核不拡散条約)とTPNW(核兵器禁止条約)のもと、核兵器の廃絶を求めていきます。

下記の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

ポスター

解説のしおり

「戦後75年 福岡にあった戦争」機関誌『ふれあい』7月号での誌上平和ツアー

戦後75年を節目に、5月と6月に企画した「子ども平和学習バスツアー」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。この企画で伝えたかったのは、「福岡にも戦争があった」という過去の事実。ツアーで訪れるはずだった戦争遺跡(戦跡)を、機関誌『ふれあい』の中で巡りました。

下記の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

平和への思いを語り継ぐ 被爆体験証言集

被爆体験証言集「つたえてください あしたへ・・・・・・」表紙イメージ

被爆体験証言集「つたえてください あしたへ・・・・・・」は、組合員が被爆者から直接話をうかがって、それを書き留めた聞き書き集です。貴重な体験をお話しいただいた証言者のみなさまをはじめ、福岡県原爆被害者団体協議会や県内各地の原爆被害者の会のご協力と、活動に参加した多くの組合員の努力により、毎年発行を続けています。ホームページでは、過去すべての証言集を閲覧できます。

平和の尊さを伝える「平和展」

写真

エフコープでは、1983年の設立以来、平和の尊さを伝えるための「平和展」を毎年開催しています。県内各地で戦争の悲惨さを伝える写真や絵などを展示。他団体とも連携し、さまざまな企画も開催しています。多くの方々にご来場いただき、平和の大切さをあらためて感じていただく場となっています。

平和の大切さを実感する「平和の旅」

写真

反戦と平和への思いをより確かなものにするために、毎年「平和の旅」を行っています。被爆地である広島・長崎、特攻隊の出撃基地があった知覧、地上戦の激戦地で今だ基地問題を抱える沖縄などを組合員が訪問。平和の大切さをあらためて実感する旅となっています。

参加登録型のデジタルマップ「CO・OP PEACE MAP」

写真

CO・OP PEACE MAPはエフコープのさまざまな平和活動のほか、全国各地の生協の「平和」活動を紹介している、参加登録型のデジタルマップです。各地のとりくみが目で見てわかるほか、平和に関するメッセージを投稿すると折鶴となって現れる仕掛けもあります。

(CO・OP PEACE MAPはパソコン、タブレット、スマートフォンからご覧いただけます。ブラウザはGoogle Chromeのご利用をおすすめします)

※下記の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

憲法について学び考える「憲法学習会」

写真

エフコープでは、くらしの基盤となる憲法について学び、考える機会を広げていくことを目的に、2007年度から「憲法学習会」を開催。毎年、さまざまな視点から憲法について考える機会をつくっています。

発展途上国の人々を支援する募金・寄付

ポスターイメージ

発展途上国の子どもたちの未来を支えるために、毎年「ユニセフお年玉募金」を実施。飢餓や貧困に苦しむ彼らを支援するユニセフの活動資金として、世界190の国で役立てられます。また、書き間違えたハガキや切手、中古CDなどを回収し、飢餓に苦しむ人々の援助につなげる「書損じハガキ回収キャンペーン」にも参加しています。

オンラインクイズに挑戦!「知って学ぼう!平和クイズ」

平和について、知って、学び、考えるための資料として、2020年度の平和活動の主なとりくみの項目に沿って、クイズをまとめました。

たくさんの方々に、いろいろな「場」でご活用いただければ幸いです。

被爆漫画家・西山進さん作品集

「平和展」などでも展示を行ってきた、被爆漫画家の西山進さんの作品集をご覧いただけます。

※画像をクリックすると、拡大して見ることができる仕様です。

資料請求・お申し込みはコチラ

エフコープの子育てサポート