エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 活動報告一覧
  3. 学ぶ・楽しむ

活動報告

2017年08月30日

夏休み環境学習企画「大分製紙(株)豊前工場見学会」を開催しました

環境分野 組合員理事 倉冨良子

毎年行っている『CO・OPコアノンロール』を製造している大分製紙(株)豊前工場見学会をブロック毎に開催しました。

参加状況は以下のとおりです。

  • 西部ブロックコース 7月26日 27人
  • 中部ブロックコース 8月2日 33人
  • 北部ブロックコース 8月9日 36人
  • 南部ブロックコース 8月10日 20人

各コースともほぼ同じ内容で、大分製紙(株)豊前工場を訪問し、田北工場長の案内と説明を受け、回収されたカタログや牛乳パックがどのようにコアノンロールに生まれ変わるのかを楽しく学びました。

組合員の声を受けて開発された『CO・OPコアノンロール』は、全国数カ所の製紙会社により同じ品質で製造され、全国の生協で利用ができるとのことでした。また、参加者が持ち寄った原料になる古紙の分類をし、トイレットペーパーになるまでの工程やトイレットペーパーにならない原料は固形燃料として販売するのでゴミになるものがないことなどの説明がありました。

写真

そして、工場の見学へ。トイレットペーパー5,000個分が取れるジャンボロールを130mのロールにした後にカットし、太穴が正しく丸くなっているか、包装時にも異物が混入していないかなどを検査し、ラインに乗って出荷されるまでを見学しました。

少しでも安く提供できるように通常114ミリのトイレットペーパーの幅を105ミリにしたり、芯の糊付けは最後まで使いやすいようにしたりとたくさんの工夫ありました。また、工場から出る汚水は浄化して流したりするなど、環境面でも地域に配慮したいろいろな努力をしている工場だということがわかりました。

写真

写真

写真

写真

また、アンゴラ共和国に学校を作ろうと始まった生協のとりくみ「コアノンスマイルスクールプロジェクト」キャンペーンのお話もしていただきました。

工場の見学の後は「コアノンクイズ」があり、楽しみながら工場見学ができました。

<参加者の感想>

  • リサイクルで牛乳パックや紙ゴミがどうやってトイレットペーパーになるかがとてもわかりやすかったです。これから捨てるゴミをもう少し意識しようと思いました。田北工場長の説明のお陰で子どもたちも楽しくわかりやすく学べたのではないかと思います。ありがとうございました。帰って父親にクイズを出して今日あった出来事を楽しそうに話していました。参加して良かったです。
  • ありがとうございました。田北工場長の汗をかきながらのわかりやすい説明でした。製品開発もそうですが、微生物を使っての排水等完全なリサイクルシステムの構築。何年もかけて地域に根ざした会社。そして、全国、世界、地球に優しい会社“大分製紙”を作ってあるのだと思いました。田北工場長の大きな志、コープと同様、愛のある会社だと思いました。大分製紙とエフコープのみなさま、ありがとうございました。細やかなお心遣いで楽しく有意義な見学会でした。今後もコープ商品を通じてエシカルのとりくみに参加して、誰かのお役に立てるよう努めたいと思います。
  • 今回初めて見学会に参加させていただきました。子どもの夏休みの自主学習にできたら良いなと思って応募したのですが、親の私の方が興味深く見学させていただいたようでした。普段何気なくカタログをお返ししていたのですが、その後どのようになっていくかを実際に知ると、これからのリサイクルの意識が変ってくると思います。子どもも楽しくユーモアたっぷりに説明してくださったことで、たくさんのことを学んだようでした。ぜひ、夏休みの宿題に活かせるようにしたいと思います。また、ぜひ参加したいねと親子で話しています。ありがとうございました。
  • トイレットペーパーの工場に初めて行き、どの様に作られているのか分かって良かったです。大きな出来立てのトイレットペーパーを見て、触って子どもたちも驚いていました。クイズもあり、トイレットペーパーの長さ(一般50m、エフコープ150m)を実感して楽しく学習することができました。再利用する大切さや努力もわかりました。この度は大変お世話になりました。楽しかったです。ありがとうございました。
  • 大分製紙工場の工場見学は、初めてでしたが、田北工場長さんのとてもおもしろくわかりやすいお話で、楽しい時間を過ごすことができました。あっという間に時間が過ぎていきました。クイズも途中ではずれてしまい残念でしたが、楽しかったです。次回、このような見学がある時は、子どもたちをぜひ連れて参加したいと思います。とても大きなジャンボロールやトイレットペーパーのサイズにカットされるところや原料となる古紙の山を実際に見られたらとても喜ぶと思いました。コアノンは巻きが長いので、長く使えてうれしいです。今回見学させていただき、工場長さんはじめ、工場のみなさんが環境のことを一生懸命考えてコアノンを作っていらっしゃることがわかり、ますますコアノンが好きになりました。ずっと使い続けていきたいと思いました。また、次の機会を楽しみにしています。ありがとうございます。
LINEで送る