エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 活動報告一覧
  3. 学ぶ・楽しむ

活動報告

2017年08月28日

「夏休み親子学習企画」を開催しました

若松区域委員会

若松区域委員会では、8月10日に「夏休み親子学習企画」を開催しました。今回は、午前中に環境ミュージアムを訪問、午後は北九州エコタウンを見学しました。

この企画は、夏休みに親子で環境について考え学んでいただくとりくみとして、毎年開催しています。環境ミュージアムでは、ごみになる段ボールなどを使ってのコマづくりやミュージアム内を探検しながらのクイズなどを実施。またエコタウンでは、北九州市の環境の取り組みについてお話しを聞いたあと、自動車のリサイクル工場、OA機器のリサイクル工場、風力発電施設の見学を行いました。

今回の企画には、5組の親子、大人13人・子ども6人が参加。とても暑い一日でしたが、みなさん「楽しかった」「学習になった」と大変喜んでおられました。また、今日初めて会ったという子どもたちもすぐに打ち解けて「新しい友だちができてよかった」という声も聞かれました。

子どもたちが参加する学習企画は、生協としてはとても大切なとりくみだとあらためて思います。子どもたちに学習の機会を提供するという本来の目的はもちろん、子どものころのお母さんやお父さんと一緒に生協の企画に参加しての楽しかった思い出は、きっとその子が大きくなったときに生協の組合員となる大きな動機になるのではとも思います。

区域委員会では今後も、こうした親子企画をさらに充実させていきたいねと話し合っています。

写真

環境ミュージアムでのコマづくり

写真

ミュージアム内を探検しながら学習

写真

自動車リサイクル工場見学

写真

参加者全員で集合写真

<参加者の声>

  • 初めて参加させていただきましたが、とても楽しかったです。環境ミュージアムで、いろいろなものが作れて、エコタウンではなかなか見ることができなない車や電気製品の解体の様子を見ることができて勉強になりました。ありがとうございました。
  • エコタウンは初めての見学でしたので、いろいろなことを知ることができました。親と子どものコミュニケーションも図れて、とてもいい1日でした。
  • 今日はありがとうございました。自分たちではなかなか行くことができないところを見学できて、とても良い1日でした。また、ほかの地区の知らない方々ともいろいろなことを話せて、新鮮な気持ちでいっぱいでした。
  • 環境ミュージアムでのゴミのリサイクルによるおもちゃづくりは大人でも楽しめました。資源を大切にするためにリサイクル活動をして、二酸化炭素も減らすことを子どもたちが知って実行してくれたらいいですね。
  • 自分でコマや花、ちょうちょを作ってたのしかったです。車がつぶれて四角になっていたのを見て、大声できゃーと言ってしまいました。ちょっとこわかったです。(お子さんの感想)
  • さいしょに行ったときは友だちがいなかったけど、あとからじゅなちゃんとともだちになれてうれしかったです。また行きたいなとおもいました。(お子さんの感想)
  • 親子の企画でも「大人一人でも参加OK」としていただけたらうれしいです。
LINEで送る