エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 活動報告一覧
  3. 平和・国際交流

活動報告

2017年12月19日

「さようなら原発!12.2玄海原発再稼働を許さない!九州総決起集会」に参加しました

12月2日、九州電力玄海原子力発電所の再稼働に反対するため、松浦河畔公園(佐賀県唐津市)にて「さようなら原発!12.2玄海原発再稼働を許さない!九州総決起集会」が開催され、約1,700人の参加がありました。

人々の命とくらしを守ることを優先させる考え方に立ち、脱原発の姿勢を明らかにしているエフコープでは、この集会の開催主旨に賛同し組合員理事と職員が参加しました。

会場では本集会が開始され、主催者側より挨拶と連帯挨拶、基調報告や現地からの訴え、呼びかけがあり、東京電力福島第一原子力発電所の事故から6年8カ月が過ぎても故郷に戻れず、大勢の人が避難を強いられている福島の現状の報告もありました。

集会後には会場からデモ行進しながら「玄海原発!再稼働反対!」「原発はいらない!」などのシュプレヒコールを繰り返し、周りの人たちにアピールしました。信号待ちの車からコールにあわせて手を挙げる方もありました。

九州電力は、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働に向けて動いています。

エフコープでは、これからも脱原発社会の実現に向けて、さまざまな活動に積極的に取り組んでいきます。

写真

写真

写真

写真

LINEで送る