エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 活動報告一覧
  3. 九州北部豪雨支援

活動報告

2017年08月08日

朝倉市内に、泥だし・床下清掃などのボランティアバス(1回目)を運行しました

被害が甚大な地域では、ようやく道路なども仮復旧し、これから生活再建のための動きが必要となりますが、災害の発生からまもなく1カ月を迎え、特に平日の活動の担い手となる方が少ないということで、エフコープも少しでもお役に立てればという思いから、7月26日、ボランティアバスの運行を企画・実施しました。

急きょの実施となったにも関わらず、メールマガジン「めるめるあっぷる臨時号」の配信や九州北部地方の生協のみなさまにも呼びかけ、生協くまもと様やララコープ様(長崎県)およびコープ九州事業連合様など、総勢71人の組合員・役職員のみなさまに参加いただきました。

午前9時にJR鳥栖駅を貸切バス3台で出発。朝倉市杷木老人福祉センターに設けられたボランティアセンターを拠点に、同市杷木松末(ますえ)・寒水(そうず)・林田地区の3チームにわかれ、家屋内外の泥だしや床下の清掃作業などのお手伝いをさせていただき、午後6時前に帰着・解散しました。

本日のボランティア活動の必要人数は約370人だったのに対し、参加人数は138人、そのうち、生協関係者が半数以上だったというお話を伺いました。

また、本日のような活動は、最短でも年内中は必要ということで、28日にも50人以上の体制でお手伝いさせていただく予定です。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

LINEで送る