エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 新着情報一覧
  3. プレスリリース

新着情報

2015年03月04日

エフコープ子会社「株式会社アップルファーム」が就労継続支援A型事業所の認可を取得。しょうがい者の労働時間は1日6時間を基本とし、社会保険の加入を実践します

しょうがい者の社会参画としょうがい者福祉の充実に向けてエフコープが推進します!

このたびエフコープ生活協同組合において、しょうがい者雇用の促進と社会参画へのサポート、しょうがい者の自立支援の実践をめざして2014年10月1日に設立した子会社「株式会社アップルファーム」が、就労継続支援A型事業所(※)として、2015年2月27日に認可を取得しました。

※就労継続支援A型事業所:一般的に雇用することが難しいしょうがい者に対して、その就労に向けた知識や能力の向上を図り、就労の機会を提供する施設で、雇用契約を結びます。

「株式会社アップルファーム」では、しょうがい者が主体となって椎茸の生産や栽培、販売を主とした事業を行います。一般就労が難しいしょうがい者に対して、その就労に向けた知識や能力の向上を図り、就労の機会を提供していきます。そして、しょうがい者の自立支援という本来の意味でのしょうがい者福祉を実践します。

■しょうがい者の就労における現状

一般より低い雇用率

全国のしょうがい者数は約750万人であり、国民の6%が何らかのしょうがいを持っていますが、しょうがい者雇用の現状は、一般の雇用率よりも低くなっています。民間企業のしょうがい者雇用者数は増加しているものの、雇用率は1.76%(2013年度)となっており、一般の労働者と同じ水準の雇用の場を確保できていない状況です。しょうがい者の方々にとっては、自立して生きていくために必要な就業が難しい状態です。

しょうがい者の労働状況

現状では一般就労できるしょうがい者が就労継続支援A型事業所に長期間とどまっているという問題や、労働時間が短時間にとどまっている(=社会保険に加入できない)問題も指摘されています。このことは、しょうがい者の社会参画、自立のためには健全とはいえない状況にあります。

■株式会社「アップルファーム」概要

子会社名

株式会社アップルファーム

設立

2014年10月1日 (※2015年2月27日、就労継続支援A型事業所として認可)

所在地

福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4826-1 エフコープ篠栗センター内

事業内容

  1. 農産品の生産・加工・販売
  2. しいたけ菌床および、しいたけ廃菌床関連の販売
  3. 他のしょうがい者施設から仕入れた商品の加工・販売

※供給先として、2015年4月よりエフコープの店舗で供給を始めます。

■株式会社「アップルファーム」におけるしょうがい者の自立支援に向けたとりくみ

  • 椎茸栽培施設での業務を通じて能力の向上が見られたしょうがい者が、一般就労へステップアップができるように積極的にサポートしていくことを方針。
  • しょうがい者の雇用時間は1日6時間を基本とし、健康保険や厚生年金にも加入していただくことにしました。

◎株式会社アップルファームでは、現在ハローワークを通じて、働いていただける利用者の方を募集しています。

◎エフコープでは、しょうがい者が主体となって生産した農産品を多くの組合員が利用することで、しょうがい者が社会に参画しているという実感をともに深めるとともに、お互いを理解し、支えあえる社会づくり、また、しょうがい者含め誰もが働き続けられる社会づくりを推進していきます。

この件に関するお問い合せは、下記までお願いします。

お問い合わせ

エフコープ生活協同組合 事業企画部
TEL:092-947-9011
担当:西田(にしだ)
業務携帯:080-1763-4549

LINEで送る