エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 新着情報一覧
  3. お知らせ

新着情報

2017年09月05日

「地下核実験の強行に対する抗議文」を送付しました

9月4日(月)、エフコープ生活協同組合は、朝鮮民主主義人民共和国 国防委員会 第一委員長に「地下核実験の強行に対する抗議文」を送付しました。

全文は下記のとおりです。

2017年9月4日

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会 第一委員長
金 正恩 殿

エフコープ生活協同組合
理事会

地下核実験の強行に強く抗議します

9月3日、貴国がおこなった地下核実験に対し、私たちは強く抗議します。

核兵器廃絶に向け各国が努力している最中に行われた今回の核実験は、核・ミサイル関連活動を禁じた国連安全保障理事会決議に明確に反するもので、決して許すことのできないものです。

貴国の核実験は、2016年9月に続き6度目のものであり、度重なる核実験の強行は、核実験を禁止する包括的核実験禁止条約の精神に違反しており、厳しく非難されるものです。

核兵器が人類にもたらすものは悲劇のほかには何もありません。核実験並びに核の保有は周辺諸国や貴国国民の安全を脅かすものです。

今回の地下核実験に対し、核兵器廃絶を求める私たちは残念であると同時に激しい憤りを感じています。

私たちは原爆投下の惨禍を体験した国民として、核兵器の全廃と世界恒久平和の実現を強く望んでいます。貴国が一刻も早く国際協議の場に復帰して、核問題の平和的解決のための協議を再開するとともに、一切の核実験および核開発を中止し、保有しているすべての核兵器を破棄することを強く求めます。

以上

エフコープ生活協同組合

LINEで送る