エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. コープの商品
  3. 産直のとりくみ

産直のとりくみ

エフコープの産直とは

エフコープの産直は、消費者と生産者との「つながり」のなかで、安心できる食の未来を築いていこうとするもの。生産者と消費者が信頼関係のもと、日本の農業を守る立場で互いの抱える問題を理解しあい、食と農をつなぎ、豊かな地域社会づくりをめざしています。

イラスト

産直品の利用を通して、交流を深め、日本の農業を応援します

エフコープの産直品とは、「産地直結品」の意味で、「産直3原則」に基づいて取り扱う農産、米、水産、畜産、たまごなどがあります。産直品を通して、生産者と消費者の「顔の見える関係」をさらに強め、商品学習や生産者との交流の場づくりを進めています。多くの消費者が、農業の持つ社会的価値や役割を理解して、産直品を利用することで国内農畜産品を応援していきます。

産直3原則

  1. 生産者・産地が明らかであること。
  2. 育て方・取り引き条件を互いに確認できること。
  3. 生産者・産地との交流があること。

産直マーク

産直マークイメージ

産直基準

農産品の産直基準

  1. 「産直3原則」を充たしているものを「産直品」とする。
  2. 使用農薬の頻度により栽培レベルの違いを表す。

※農薬使用にあたっては、化学合成農薬を指す。
※肥料に関しては正確な情報入手(窒素成分の検索)は不可能であり、現在、生協の産直産地のほとんどでは、日常的に有機質肥料を主として施されている実態があるため、生協の管理項目から除外する(ただしJAS有機と特別栽培は除く)。

米の産直基準

  1. 「産直3原則」を充たしているものを「産直品」とする。
  2. 使用農薬の頻度により栽培レベルの違いを表す。
  3. エフコープライスセンターで精米されているものはパッケージに「りんごマーク」を付ける。

あさりの産直基準

  1. 「産直3原則」を充たしているものを「産直品」とする。

※当面は有明海産のみとする。

畜産品・たまごの産直基準

  1. 「産直3原則」を充たしていること。
  2. 動物用医薬品、飼料添加物の抗生物質等の使用については薬事法および飼料安全法を遵守し、定められた休薬期間を確保し、使用記録をつけること。また使用については双方(エフコープと産地)で確認を行ったもののみとする。
  3. 飼養管理・飼養内容・薬剤の使用などに変更が必要な場合は、双方(エフコープと産地)で確認できること。
  4. 定期的(年1回)な飼養内容の点検・検査を実施すること。

資料請求・お申し込みはコチラ

コープこだわりの逸品 お試しキャンペーン

子育て中のみなさんを応援するキッズ個配がスタート!