口がピリピリ、唇が腫れる?

魚を食べてしばらくして、口がピリピリしたり、唇が腫れたりする食中毒を知っていますか?

「ヒスタミン中毒」といわれる食中毒があります。

この食中毒は、主にアジやサバ、マグロなどの赤身魚の保管状態が悪いことが原因で起こります。(そのほかの魚でも起こることもあります。)赤身魚には「ヒスチジン」という物質が多く含まれています。このヒスチジンから微生物がヒスタミンを作るのです。

ヒスタミン中毒の厄介なところは、一度作り出されたヒスタミンは煮ても焼いてもほとんど減らないということです。

さらに、腐っていなくても(異臭がしなくても)、中毒症状が出ます。

 

:-D そこで、以下のことに注意しましょう。

●魚を購入した際は、常温に放置せず速やかに冷蔵しましょう。

●ヒスタミンを作る微生物はエラや消化管に多くいるので、購入後すぐにエラと消化管を除去しましょう。

●鮮度の落ちた魚は食べないようにしましょう。

●高濃度のヒスタミンを含んだ食品を口にすると、唇や舌先に通常と異なる刺激を感じることがあります。その時は、食べずに吐き出して処分しましょう

DSCN1601

写真はヒスタミンの検査をする際に使用する機械(分光光度計)です。

 

:-D 最近、収去した商品の検査では、問題のある商品はありません。   (Hana-m)

LINEで送る

オフィシャルブログ・コメント書き込みの注意

コメントの書き込みについて

  • 書き込まれたコメントは、事務局で確認後掲載しますので、掲載まで時間が掛かる場合があります。
  • ゆるやかな運用をしています。コミュニケーションは大切にしていきたいと思いますが、質問などいただいても、ご返信できない場合もあります。
  • 書き込まれた内容が不適切なものは掲載いたしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

2017/03/06 | コメントをどうぞ