微生物検査に必要な道具⑥

:-D 今回紹介する機械は、「オートクレーブ」です。

オートクレーブ①

商品検査センターでは、このオートクレーブを

① 菌を死滅させる滅菌処理

② 加温溶解(粉末培地を水に充分に溶解させること)

の2つの目的に使用します。

 

微生物検査をするときは、滅菌状態にした水や培地、器具を使用します。

通常の生物は100℃のお湯で煮沸すると短時間で完全に死滅しますが、一部の細菌が形成する芽胞は耐熱性が高く、30分以上煮沸しても完全に死滅させることができません。この芽胞を完全に死滅させるには、より高温での処理が必要になります。

ここで活躍するのが、今回紹介した「オートクレーブ」です。

オートクレーブは内部を高圧力にすることで、温度を121℃まで上昇させることができます。121℃で15分加熱することで、芽胞を形成する細菌を含めたほぼ全ての生物が死滅します。これを利用して、検査で使用する水や培地、器具の滅菌を行っています。

さらに菌を培養した培地を廃棄する際もオートクレーブで滅菌処理をしています。

 

オートクレーブ②

オートクレーブ③

 

 

 

 

 

 

 

また、100℃30分の加温溶解をすることで、粉末培地を溶かした水(完全に粉末が溶けきってない状態)を完全に溶解することができます。

オートクレーブは、私たちが微生物検査をする上で欠かせない機械のひとつです。

(M・Y)

 

 

 

LINEで送る

オフィシャルブログ・コメント書き込みの注意

コメントの書き込みについて

  • 書き込まれたコメントは、事務局で確認後掲載しますので、掲載まで時間が掛かる場合があります。
  • ゆるやかな運用をしています。コミュニケーションは大切にしていきたいと思いますが、質問などいただいても、ご返信できない場合もあります。
  • 書き込まれた内容が不適切なものは掲載いたしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

2021/09/02 | コメントをどうぞ