微生物検査に必要な道具⑤

 :-D 今回紹介する器具は、「ガスバーナー」です。

みなさんは理科の実験で使ったことがありますよね。

つけ方は覚えていますか?

 

微生物検査におけるガスバーナーの役割は主に2つあります。

1つ目は、ガスバーナーの周りを無菌状態にすることです。

IMG_5019微生物検査をする中で、空気中の菌が落下して食品や培地などに付着してしまうと、正確な検査ができなくなってしまいます。

それを防ぐためには無菌状態で作業をしなければなりません。

そこで、ガスバーナーを使うことで、火の周りに上昇気流を発生させ、空気中のほこりや菌の落下による付着を防ぐことができます。

 

2つ目は、ハサミなどの器具や、試験管口などを滅菌することです。

IMG_5020ガスバーナーの火の中に入れることで、付着した菌を炭化させ、菌の混入を防ぐことができます。

 

このように微生物検査におけるガスバーナーは、菌の混入を防ぐ重要な役割があります。

 

ちなみに今は、ガス栓がいらない、携帯ガスボンベ式のガスバーナーもあるんですよ。

IMG_5022                    (M・Y)

LINEで送る

オフィシャルブログ・コメント書き込みの注意

コメントの書き込みについて

  • 書き込まれたコメントは、事務局で確認後掲載しますので、掲載まで時間が掛かる場合があります。
  • ゆるやかな運用をしています。コミュニケーションは大切にしていきたいと思いますが、質問などいただいても、ご返信できない場合もあります。
  • 書き込まれた内容が不適切なものは掲載いたしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

2021/07/01 | コメントをどうぞ