エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 私たちのとりくみ
  3. 東日本大震災復興支援

東日本大震災復興支援

いつもそばに、ずっとそばに。

ロゴイメージ

2011年3月11日に発生した東日本大震災。エフコープでは、東日本大震災の発生以降、さまざまな支援活動を継続的に行っています。

東日本大震災復興支援活動報告一覧

東日本大震災復興支援活動報告一覧をみる

現地を訪ね・声を聞く 被災地訪問の旅

写真

被災地の現状を実際に目にし、現地の方々との交流を目的とした「被災地訪問の旅」を行っています。2013年より、広く組合員に参加を呼びかけ、組合員が宮城・福島を訪問。現地を訪問しお話を聞くことで、今必要な復興支援は何なのか、復興支援のあり方を考える機会となっています。

商品の利用を通じた被災地復興支援

写真

「東北にゆかりのある商品を利用することで復興支援の一助になりたい」という思いから、配達カタログを中心に東日本大震災復興支援商品企画を継続的に行っています。

「福島応援隊」のとりくみを案内しました

絵本『ひまわりのおか』表紙イメージ

風評被害に苦しむ福島県の生産者を支援するために、2014年6月と10月に「福島応援隊※」のとりくみを『ふれあいかわら版』やホームページで案内。6 月に案内した桃の企画では918点、10月に案内したりんごの企画では779点の商品利用がありました。

※福島県内のJA・漁協・森林組合・生協でつくる「地産地消運動促進ふくしま協同組合協議会」による、風評被害に苦しむ福島県産農産物の利用促進を目的としたとりくみ。

福島の子どもたちを福岡に招待しました

写真

福島の子どもたちに、自然豊かな環境で思いっきり遊んでもらおうと、コープふくしまの協力のもと、大分県社会福祉協議会が中心となり立ち上げられた「ふくしまっ子応援プロジェクト」にエフコープも参画。2014年7月に福島県相馬郡新地町の小学生18人と先生2人を福岡県にお招きしました。地引き網体験など盛りだくさんの企画を、組合員や地域のボランティアの方々も一緒になって楽しみました。

写真

2015年3 月には、福岡県社会活動推進課をはじめ、県内で復興支援活動に取り組む一般社団法人市民ネットやNPO などの協力で、福島県いわき市の小学生16人を招いて「おいでよ! 元気っ子2015 桜キャンプ」を開催。海の中道海浜公園でバーベキューをしたり、エフコープ商品検査センター「りんご館」にて放射性物質の測定をしたりと、さまざまな体験をしてもらいました。

「つながろうCO・OP アクション」募金

写真

日本生活協同組合連合会が、被災地の長期的な支援と、行政や諸団体と連携して地域社会での役割を果たすことをめざして展開している「つながろうCO・OPアクション」の募金プロジェクト。全国の生協と共に募金活動を支援し、エフコープでは2014年度、145万9,452円を日本生活協同組合連合会を通じてお届けしました。

これまでの復興支援をまとめた冊子を発行しました

「いつもそばに、ずっとそばに。」表紙イメージ

2016年3月、エフコープが2015年度に取り組んだ被災地復興支援の活動内容をまとめた冊子「いつもそばに、ずっとそばに。2015」を発行しました。

WEBブック形式で掲載しています。スマートフォン・タブレットでも閲覧できます。ぜひご覧ください。

2015年の活動のまとめ

過去発行分

日本生協連「復興支援ポータルサイト・つながろう CO・OPアクション」

被災地の復興に向けて、全国の生協と日本生活協同組合連合会はさまざまなとりくみを行っています。日本生活協同組合連合会が開設した「復興支援ポータルサイト・つながろう CO・OPアクション」では、被災地の工場・産地の再開情報、復興に向けた各地のレポートなどをご紹介しています。

復興支援ポータルサイト・つながろう CO・OPアクション

資料請求やお試し注文をしていただいた方にお得なプレゼント!

コープこだわりの逸品 お試しキャンペーン

子育て中のみなさんを応援するキッズ個配がスタート!