エフコープのトップページへ

検索

メニュー

  1. HOME
  2. 私たちの活動
  3. 復興応援活動

復興応援活動

全国各地で、さまざまな大規模自然災害が頻発しています。エフコープは、全国の生協などとともに協同の力で、被災された方々や地域のニーズにあわせた活動に取り組んでいます。

東日本大震災復興応援活動

2011年3月11日に発生した東日本大震災。エフコープでは、東日本大震災の発生以降、さまざまな支援・応援活動を継続的に行っています。

東日本大震災復興支援活動報告一覧

復興応援活動活動報告一覧をみる

現地を訪ね・声を聞く 福島訪問の旅

写真

被災地の現状を実際に目にし、現地の方々との交流を目的とした「福島訪問の旅」を行っています。現地を訪問し、お話を聞くことで、復興応援のあり方を考える機会となっています。

商品の利用を通じた応援企画の実施

写真

「東北にゆかりのある商品を利用することで復興支援の一助になりたい」という思いから、配達カタログを中心に東日本大震災復興支援商品企画を継続的に行っています。

「福島応援隊」のとりくみを行っています

写真

風評被害に苦しむ福島県の生産者を応援するために、毎年「福島応援隊※」のとりくみを『ふれあいかわら版』やホームページで案内。多くの方に利用していただいています。

※福島県内のJA・漁協・森林組合・生協でつくる「地産地消運動促進ふくしま協同組合協議会」による、風評被害に苦しむ福島県産農産物の利用促進を目的としたとりくみ。

福島の子どもたちを福岡に招待しています

写真

福島の子どもたちに、自然豊かな環境で思いっきり遊んでもらおうと、コープふくしまの協力のもと、大分県社会福祉協議会が中心となり立ち上げられた「ふくしまっ子応援プロジェクト」にエフコープも参画。毎年、地引き網体験など盛りだくさんの企画を、組合員や地域のボランティアの方々も一緒になって楽しんでいます。

これまでの復興支援をまとめた冊子を発行しています

「いつもそばに、ずっとそばに。」表紙イメージ

2020年3月、エフコープが2019年度に取り組んだ被災地復興支援の活動内容をまとめた冊子「いつもそばに、ずっとそばに。2019」を発行しました。

WEBブック形式で掲載しています。スマートフォン・タブレットでも閲覧できます。ぜひご覧ください。

2019年の活動のまとめ

過去発行分

日本生協連「復興支援ポータルサイト・つながろう CO・OPアクション」

被災地の復興に向けて、全国の生協と日本生活協同組合連合会はさまざまなとりくみを行っています。日本生活協同組合連合会が開設した「復興支援ポータルサイト・つながろう CO・OPアクション」では、被災地の工場・産地の再開情報、復興に向けた各地のレポートなどをご紹介しています。

復興支援ポータルサイト・つながろう CO・OPアクション

熊本地震復興応援活動

2016年4月14日に熊本県と大分県で相次いで発生した熊本地震。エフコープでは、熊本地震の発生以降、さまざまな支援・応援活動を継続的に行っています。

「食べて応援!熊本のうまいもの特集」を行いました

写真

共同購入チラシ「よかもん」での「熊本うまいもの特集」で、被災地域の特産品を案内しました。これは、熊本で作られた自慢の商品を「おいしく味わって熊本を応援する」ためのとりくみです。

仮設住宅で昼食会を実施しました

写真

生協くまもと、北九州誌消費者団体連絡会、元仮設住宅東峰村団地自治会のみなさんと共に、益城町内にある仮設住宅集会所で「昼食会」を開催。コープ商品や産直品などを使ったメニューを提供しました。

九州北部豪雨復興応援活動

2017年7月5日から6日にかけて福岡県と大分県を中心とする九州北部で発生した集中豪雨。エフコープでは、豪雨災害の発生以降、さまざまな支援・応援活動を継続的に行っています。

九州北部豪雨復興支援活動報告一覧

九州豪雨支援活動報告一覧をみる

応急仮設住宅での交流の場づくりを行いました

写真

朝倉市や東峰村の仮設住宅において、2017年8月から入居期限となった2019年8・9月までの2年間、全国の生協や他団地、取引先の支援もあり、「夕食会」や「サロン活動」を定期的に開催しました。

商品の利用を通じた応援企画や被災地での交流を行っています

写真

共同購入チラシ「よかもん」「あっぷるショッピング」での朝倉市・東峰村の特産商品の企画のほか、地元コミュニティの運営サポートなど、継続したとりくみを行っています。

東峰村と「包括連携協定」を締結しました

写真

2020年3月、今後も引き続き協力関係を築いていくために、東峰村と包括連携協定を結びました。

復興支援をまとめた冊子を発行しました

「未来へともに」表紙イメージ

エフコープが取り組んだ「平成29年7月九州北部豪雨」の被災地復興支援の活動内容をまとめた冊子「未来へともに」を発行しました。

WEBブック形式で掲載しています。スマートフォン・タブレットでも閲覧できます。ぜひご覧ください。

西日本豪雨支援

2018年6月28日から7月8日にかけて西日本を中心に全国的に広い範囲で記録された、台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨。エフコープでは、豪雨災害の発生以降、さまざまな支援活動を行いました。

西日本豪雨支援活動報告一覧

西日本豪雨支援活動報告一覧をみる

物資の提供を行いました

写真

福岡県社会福祉協議会と締結した災害時相互協力協定のもと、久留米市と飯塚市の各社会福祉協議会へ、ボランティアの方々用に氷やスポーツドリンクなどの飲料、タオルを搬入しました。

流入した土砂などの清掃活動を行いました

写真

日本生活協同組合連合会からの呼び掛けを受け、広島県の被災地域に設けられた災害ボランティアセンターの運営を担うためスタッフを派遣しました。また、豪雨災害により民家の家屋内外に流入した土砂などの清掃作業のための活動に、公募で集まった組合員と役職員が参加しました。

仮設住宅で昼食会を実施しました

写真

広島県安芸郡坂町にある仮設住宅住宅で炊き出しを行い、生協ひろしまのみなさんとともに、「めんたいわかめごはん」「博多もつ鍋」「朝倉銘菓」を提供しました。

資料請求・お申し込みはコチラ

エフコープの子育てサポート